『ことばあそびえほん』

石津ちひろ・文
飯野和好・絵
定価:1200円+税
ISBN:978-4-931129-69-6
サイズ:20×13cm  対象年齢:4歳から
2000年刊

回文(さかさまことば)、はやくちことば、ならべかえことばなどの、不思議なことばあそびがいっぱい! 声に出して読むと、楽しさがいっそう広がります。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<文>

石津ちひろ

1953年、愛媛県に生まれる。早稲田大学仏文科卒業。「なぞなぞのたび」(荒井良二・絵)でボローニャ国際児童図書展賞、「あしたうちにねこがくるの」(ささめやゆき・絵)で日本絵本賞を受賞。言葉遊びの本に「まさかさかさま」「ことばあそびえほん」「しりとしあそびえほん」、訳書に「くつがあったらなにをする?」「音楽ばんざい!」「リサとガスパール」シリーズなど多くの楽しい作品がある。

<絵>

飯野和好

1947年、埼玉県に生まれる。東京デザイナー学院卒業後、長沢節モードセミナーで絵を学び、現在、絵本・童話・詩・小説・広告などのイラストレーターとして幅広く活躍している。『小さなスズナ姫シリーズ』で赤い鳥さし絵賞受賞。絵本に「クレヨンの歌」「うたのたび」「わんぱくえほん」、挿画に「ぼうしをかぶったオニの子」「ちいさいえりちゃん」などがある。