くすっと笑えて、心があたたかくなるおはなし

すてきなひとりぼっち

  • すてきなひとりぼっち
  • すてきなひとりぼっち

クラスでひとりぼっちになりがちな一平くん。
その日は、家に帰ったら、お母さんもいなくて、
さびしい思いがつのります。
でも、そのあと…。
一平くんの小さな発見を、あたたかく描いた物語。

なかがわちひろ・作
定価:1500円+税
ISBN:978-4-905015-58-1
サイズ:21㎝×16㎝
ページ数:55ページ
対象年齢:小学低学年から
2021年5月20日

じつは、だれでもみんな、ひとりぼっちです。
そして、ひとりぼっちのときに、宝物をたくさんみつけます。
ほんとですよ。
あなたも、たしかめてみてください。
なかがわちひろ

著者紹介

<作> なかがわちひろ

1958年生まれ。東京藝術大学卒業。子どもの本を中心に翻訳家として活躍するとともに、作家・画家として絵本や童話作品を数多く手がけている。『どうぶつがすき』で日本絵本賞翻訳絵本賞、『天使のかいかた』で日本絵本賞読者賞、『かりんちゃんと十五人のおひなさま』で野間児童文芸賞を受賞。翻訳作品に『ふしぎをのせたアリエル号』『ちいさなあなたへ』『せかいでいちばんつよい国』など、絵本や童話に『のはらひめ』『めいちゃんの500円玉』『ハンカチともだち』「おたすけこびと」シリーズ「プリンちゃん」シリーズ「まほろ姫」シリーズなど。そのほかに『おえかきウォッチング 子どもの絵を10倍たのしむ方法』、カモを育てた体験をもとにした『カモのきょうだい クリとゴマ』がある。

PageTop